ブリザードフラワーとは

ブリザードフラワーとは


ブリザードフラワーは、ドライフラワーや造花とは全く違う、新しい方法で作られた加工花のひとつです。


生きた花から水分を抜き、アルコールに入れ替え自然に脱色し、その後再び着色していくのがブリザードフラワーです。


生花のような自然の色を保つ花々はもちろん、自然界には存在しない新しい色なども作ることができるのも大きな魅力!


水やりの必要もないので、ギフト(母の日、クリスマス、誕生日etc)として送ると大変喜ばれます。


ブリザードフラワーは、正確にはブリザーブド(プリザーブドフラワー)と呼ばれ「preserved=保存する」の意味を持ちます。


1991年にフランスのベルモンド社が発表したのが最初といわれております。


その後、パリやイギリスなど、ヨーロッパのフラワーアーティスト業界に広まり、現在は、世界各国で花の芸術として親しまれています。


ドライフラワーの一種であるブリザードフラワーとドライフラワーの大きな違いは手触り。


どちらも長期間保存できるのですが、ドライフラワーはパリパリとした感触、ブリザードフラワーは生花のままの感触で保存が可能です。




Copyright (c) ブリザードフラワー. All rights reserved.


ブリザードフラワーサイトTOPへ

ブリザードフラワーのブーケ

ブリザードフラワーのブーケ


プリザーブドフラワーは、生花にオーガニックな薬品で特殊な加工を施したお花です。


花もちのいいプリザーブドフラワーのブーケは、前撮りから使えてとってもお得!


お友達にプレゼントしても喜ばれます。


水やりいらずで数年咲き続けるブリザードフラワー。いつまでもキレイに咲いていてくれるので、私も大好きです。


ブリザードフラワーをブーケにつかう新婦さんも年々増えています。


ラウンドタイプのかわいいプリザードフラワーのブーケや生花スタイルのブライダルブーケが人気を集めています。


ブリザードフラワーはブライダルブーケの他にも、誕生日プレゼントやクリスマス、母の日などのプレゼントにもオススメ!


記念日や結婚式にあなたもブリザードフラワーを使ってみてはいかがでしょうか。




Copyright (c) ブリザードフラワー. All rights reserved.


ブリザードフラワーサイトTOPへ

ブリザードフラワー教室

ブリザードフラワー教室


ブリザードフラワー教室では、「ヒューマン・アカデミー」、「オーブ・プリザーブド・アカデミー」、「Zenフラワースクール」などの講座が有名です。


「ヒューマン・アカデミー」さんは、初心者の方からプロのフラワーコーディネーターさんまでが通っています。多彩なコースと一流の講師陣が自慢のブリザードフラワー教室。

「オーブ・プリザーブド・アカデミー」さんは、ブリザードフラワーの認知拡大と発展、デザイナーの育成・教育を目的とし、世界に情報発信する協会です。

ここは、全国展開していますので、お近くの認定教室で生花のような柔らかい触感、発色を持ち、永遠に咲き続ける今人気の枯れないお花「ブリザードフラワー」を是非一度体験してみてください。


協会認定ディプロマコースは全国の各教室にて受講できます。


あなたのライフスタイルに合わせて受講できるところも魅力です。


「Zenフラワースクール」では、人気洋書「Zen Flowers」の著者から最新アレンジ、ブーケ等が学べます。


Zen Flowersスタイルは、Harumi Nishiにより考案され、確立されたフラワーアレンジメントです。


日本が世界に誇れる禅文化の魅力と西洋の持つアーティスティックなパワーを融合させた今までにない独創的な禅花スタイルを学ぶことができます。




Copyright (c) ブリザードフラワー. All rights reserved.


ブリザードフラワーサイトTOPへ

ブリザードフラワーって?

ブリザードフラワーって?


ブリザードフラワーは新しい素材のお花です。


造花と違い、生花を長い間枯れないように特殊加工したお花です。


最大の特徴は、長い間咲きつづけること。


そして、見た目、感触が生花とほとんど同じであることです。


はじめてこのブリザードフラワーと出会った人は、そのフレッシュのような柔らかいタッチに思わず感動してしまいます。


ブリザードフラワーは、生花の弱点「花の命は短いけれど・・・」を、「ずっと〜、いつまでも〜」に変えた革命的なお花なのです。


■ お花は好きだけど、手入れの仕方がよくわからなくて、すぐ枯らしてしまう。


■ 1週間もすると枯れてしまうので、なんだかもったいない。


■ 水やりや手入れが面倒・・。


そんな心配はご無用!!


ブリザードフラワーは、いつまでも枯れずに咲いていてほしいー!という願いを叶える夢のお花なんです。




Copyright (c) ブリザードフラワー. All rights reserved.


ブリザードフラワーサイトTOPへ

ブリザードフラワーの花

ブリザードフラワー(プリザーブド・フラワー)の花


花のアレンジメントの中でも、一瞬、生花とまごうような、ブリザードフラワー

ウェディング・ブーケなど、思い出の形が枯れることなくそのまま残ります。


ブリザードフラワーは、正しくは、プリザーブド・フラワー(Preserved Flower=保存された花)といい、生花を特殊加工して乾燥させた、ドライフラワーの一種です。


ブリザードフラワーの花には、バラや蘭、カーネーションなどがあります。色も、生花そのままの赤やピンク、オレンジのほか、バラの色としては幻とされる青い花も、オーガニック着色料によってつくりだすことができます。

ブリザードフラワーには、フランスやコロンビアなどのメーカーで加工された、輸入品もあります。ヴェルモント、フロールエバー、ヴェルディッシモが三大メーカーといわれ、花色の多さと美しさで人気を得ています。


ブリザードフラワーは1〜3年、日本のように湿度の高くないヨーロッパなどでは、10年は保存できるといわれています。ケースにシリカゲルなどと一緒に入れたら、保存状態はよくなります。




Copyright (c) ブリザードフラワー. All rights reserved.


ブリザードフラワーサイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。