ブリザードフラワーの花カテゴリの記事一覧

ブリザードフラワーの花

ブリザードフラワー(プリザーブド・フラワー)の花


花のアレンジメントの中でも、一瞬、生花とまごうような、ブリザードフラワー

ウェディング・ブーケなど、思い出の形が枯れることなくそのまま残ります。


ブリザードフラワーは、正しくは、プリザーブド・フラワー(Preserved Flower=保存された花)といい、生花を特殊加工して乾燥させた、ドライフラワーの一種です。


ブリザードフラワーの花には、バラや蘭、カーネーションなどがあります。色も、生花そのままの赤やピンク、オレンジのほか、バラの色としては幻とされる青い花も、オーガニック着色料によってつくりだすことができます。

ブリザードフラワーには、フランスやコロンビアなどのメーカーで加工された、輸入品もあります。ヴェルモント、フロールエバー、ヴェルディッシモが三大メーカーといわれ、花色の多さと美しさで人気を得ています。


ブリザードフラワーは1〜3年、日本のように湿度の高くないヨーロッパなどでは、10年は保存できるといわれています。ケースにシリカゲルなどと一緒に入れたら、保存状態はよくなります。




Copyright (c) ブリザードフラワー. All rights reserved.


ブリザードフラワーサイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。